矯正歯科

矯正歯科

矯正歯科矯正歯科では、矯正装置で美しい歯並びへと整えるとともに、正しい噛み合わせを取り戻す治療を行います。出っ歯や受け口、すきっ歯など、歯並びの問題に悩まされている方は少なくありません。

歯並びが悪い状態では、歯の清掃効率が落ちるため、むし歯や歯周病などのリスクが高まります。さらに、噛み合わせが悪いことが原因で、頭痛や肩こりなどが起きる場合もあります。

当院では、さまざまなニーズにお応えできるように、複数の矯正装置を導入しておりますので、患者さまのご要望をお聞かせください。症状や生活習慣まで考慮して、患者さまに最も適していると思われる矯正装置をご提案いたします。

矯正治療の種類

成人矯正

成人矯正成人矯正は、大人の矯正治療のことです。歯並びの問題に悩み、口元に自信を持てなくなることで、人とのコミュニケーションに支障をきたしている方は少なくありません。

また、矯正装置が目立つことを懸念して、矯正治療を受けられない方もいらっしゃいます。 当院では、歯の裏側に装置を取り付ける裏側矯正、透明のマウスピースを装着するマウスピース矯正など、目立たない矯正治療をご提案しております。

歯並びの見た目や全身の症状にお悩みの方は、どうぞお気軽にご相談ください。

小児矯正

小児矯正小児矯正は、お子さまに行う矯正治療のことです。成長期のお子さまの場合、顎の骨の成長を利用して歯並びを整えられます。子供の間に矯正治療を受けると、大人になってから抜歯を伴うような大きな矯正治療が不要になったり、そもそも矯正しなくて済んだりする可能性があります。

矯正治療で歯並びが整うと、歯ブラシがすみずみまで届くようになり、むし歯や歯周病のリスクを抑えられるほか、発音の障害や顔の歪みの予防も期待できますので、歯並びが気になる場合はお早めにご相談ください。

矯正装置の種類

マウスピース型矯正装置(インビザライン)

マウスピース型矯正装置(インビザライン)マウスピース型矯正装置を使用した矯正治療では、透明のマウスピースを装着して歯に力をかけて歯並びを整えます。金属を使用しないうえに、口を開けたときに矯正装置が目立たないため、矯正治療を受けていることを周りの人に知られる心配がほとんどありません。さらに、食事や歯磨きのときは取り外していただけますので、きれいな口腔内を保てます。

当院で使用しているインビザラインは、3D光学スキャナーでお口の中のデータを取り、コンピューターを使用してマウスピースを作製しますので、印象材を口に入れて苦しい思いをしながら歯型をとる必要もありません。さらに、精密なスキャニング技術が採用されているため、より高精度な矯正治療を受けていただけます。

ブラケット矯正

ブラケット矯正ブラケット矯正とは、歯の表側にブラケットを取り付け、そこにワイヤーを通して歯を動かす矯正治療です。口を開けたときに矯正治療が目立ちますが、矯正力に優れており、ほとんどの症例に適用できます。また、治療期間が短く、治療費も抑えられるなど、患者さまへの負担が少ない矯正治療です。

当院では、目立ちにくい透明や白のワイヤーも使用できますので、お気軽にご相談ください。

裏側矯正

裏側矯正裏側矯正とは、歯の裏側にブラケットとワイヤーを取り付けて歯を動かす矯正治療です。歯の裏側に矯正装置を取り付けるため、口を開けたときに目立ちません。

また、裏側矯正は発音や食事に支障をきたすといわれていましたが、現在では装置が小さくなっているため、大きな支障をきたす心配はないでしょう。

インプラント矯正

インプラント矯正インプラント矯正とは、歯茎に埋め込んだ小さなインプラントを固定源として歯を動かす矯正治療です。従来の矯正治療は、歯を固定源としていたため、固定源の歯まで動いてしまうという問題がありました。

インプラント矯正は、固定源がインプラントのため、余計な歯まで動く心配がありません。 また、これまでは難しかった奥歯の移動や、抜歯をしない矯正治療なども行えるようになりました。さらに、治療期間が短いため、患者さまへの負担も抑えられます。

矯正治療の流れ

Step1.カウンセリング

カウンセリング患者さまの歯並びの状態を確認したうえで、治療内容や具体的な方法、メリット・デメリット、治療期間、費用などを詳しくご説明いたします。

この段階で決断される必要はございませんので、どのようなことでもお気軽にご相談ください。

Step2.検査、診断

検査、診断続いて、レントゲン撮影や口腔内撮影、顔写真撮影、歯型とり、噛み合わせの検査などを行い、お口の状態を詳しく調べます。

Step3.検査結果・治療計画のご説明

検査結果・治療計画のご説明患者さまのご要望を踏まえ、最適と思われる治療法をご提案いたします。綿密な治療計画を立て、実際の治療期間や費用をご説明いたしますので、この段階で治療を受けられるかどうかご判断ください。

なお、むし歯や歯周病がある場合は、先にそちらの治療が必要です。

Step4.治療開始

治療開始矯正治療を開始します。治療期間中は定期的にご来院いただき、矯正装置の調整と経過観察を行います。痛みが出たり口の中が荒れたりしたときはいつでもご相談ください。

Step5.保定・観察期間

保定・観察期間矯正装置を取り外し、保定期間へと移行します。矯正した歯は元の位置に戻ろうとするため、保定装置を装着する必要があります。保定装置をしばらく装着して、十分に保定ができたら矯正治療は完了です。

その後は、3~6ヶ月に1回のペースで歯のメンテナンスや経過観察のために通っていただきます。

一番上に戻る
03-3533-464603-3533-4646 LINEチャット相談LINEチャット相談
  • インプラントネット インプラント治療専門サイト
  • ICOI
  • 厚生労働省指定 臨床研究施設
  • Nobel Biocare
  • ASTRA TECH IMPLANT SYSTEM
  • OSSTEM IMPLANT