小児歯科

小児歯科

小児歯科乳歯は、永久歯と比べて柔らかいうえに、歯の溝が深くて複雑な形状をしているため、むし歯になりやすいことが特徴です。また、進行も早いため、後から治療しようと思っている間にむし歯が重症化する恐れもあります。

乳歯には、永久歯が正しく生えるように導く役割があるため、いずれ永久歯に生え変わるからといって放置してはいけません。もし、乳歯を失えば、永久歯の生え方に支障をきたし、歯並びや噛み合わせが乱れやすくなります。つまり、生涯にわたり歯の健康を守るには、乳歯を守ることから始める必要があるのです。

当院では、むし歯や歯周病の治療のほか、フッ素塗布やシーラント、歯磨き指導、定期健診など、さまざまな方法で歯を守るお手伝いをしております。また、お子さまが歯科医院に対して苦手意識を持つことのないように、お子さまとのコミュニケーションを大切にして、やさしく丁寧に接しておりますので、お気軽にご相談ください。

お子様の予防

ブラッシング指導

ブラッシング指導当院では、お子さまの歯磨きの方法を観察し、磨けていない箇所を把握したうえで、正しい磨き方をアドバイスしております。正しい歯磨きの方法を身につけることで、大人になってからも良好な口腔状態を保つことができます。

また、親御さまには、仕上げ磨きの方法や食生活についてもアドバイスしておりますので、不明点などございましたらお気軽にお尋ねください。

フッ素塗布

フッ素塗布フッ素は、歯質を強化してむし歯のリスクを抑える成分です。定期的にフッ素塗布を受けていただくだけでも、むし歯リスクが低減されるため、可能な限り続けていただくことをおすすめします。

当院では、小さなお子さまでも泣かずに受けていただけるやさしい処置を心がけております。

シーラント

シーラント奥歯の溝は深くて複雑な形状をしているため、食べかすが詰まることでむし歯のリスクが高い箇所です。そこで、シーラントと呼ばれる処置を受けていただくことで、奥歯のむし歯リスクを低減できます。

シーラントとは、奥歯の溝をプラスチック素材でふさぎ、むし歯の発生を防ぐ処置です。シーラントはむし歯治療に似た工程で行いますので、先にシーラントに慣れていただければ、むし歯治療を怖がらずに受けていただけます。

子どもの矯正

お子さまの矯正治療には、次のメリットがあります。

  • あごの成長を利用してバランスを整えられる
  • 適応能力に優れている
  • むし歯のリスクが低くなる
  • 大人の矯正と比べて歯を動かしやすい
  • 抜歯が必要になる可能性が低い
  • 歯並びのコンプレックスを解消できる

矯正治療には、Ⅰ期治療とⅡ期治療があります。それぞれの特徴を詳しくご紹介します。

Ⅰ期治療(子供の矯正)

Ⅰ期治療(子供の矯正)Ⅰ期治療とは、乳歯と永久歯が混ざっている時期に、あごの成長を利用して歯並びを整える矯正治療です。

Ⅰ期治療を受けていただくことで、Ⅱ期治療で抜歯を防げたり、Ⅱ期治療が不要になったりする可能性があります。

Ⅱ期治療(大人の矯正)

Ⅱ期治療(大人の矯正)Ⅱ期治療は、すべての歯が永久歯に生え変わった際に行う矯正治療です。ブラケットとワイヤーを歯につけて、歯並びを整えます。

また、歯の裏側にブラケットとワイヤーをつけたり、マウスピースを使ったりすることで、矯正装置の見た目を気にせずに矯正治療を受けていただけます。

一番上に戻る
03-3533-464603-3533-4646 LINEチャット相談LINEチャット相談
  • インプラントネット インプラント治療専門サイト
  • ICOI
  • 厚生労働省指定 臨床研究施設
  • Nobel Biocare
  • ASTRA TECH IMPLANT SYSTEM
  • OSSTEM IMPLANT