ブログ

2021.11.26

歯石を除去するタイミングとは?

 

晴海トリトン歯科クリニックです。
本日は歯石を除去するタイミングについてお話しします。

 

歯石は毎日欠かさず歯磨きをしていても、知らず知らずのうちに溜まってしまうものです。
しかし、歯と似た色のため、多くの人が歯石が溜まっていることに気付きません。
「歯医者さんに行くタイミングで、溜まった歯石を一緒に取ってもらおう」という考えの人も多いです。

確かに歯石はついていても痛みを引き起こすわけではないので、歯医者さんに行くタイミングで一緒にやってもらうというのは一見合理的かつ経済的な方法に思えます。

しかし、歯石は溜めていいものではありません。
放置すればするほど、歯やお口の健康を害するものですので、注意しなくてはなりません。

では、歯石はどのようなタイミングで除去するのが良いのでしょうか?

 

『歯石を除去するタイミング』
歯石取りの一般的なサイクルの目安は、半年に1回ほどです。
体質的なもので、つきやすい人とそうでない人がいるため、人によっては3ヶ月に1回の受診を勧められることもあります。

半年に1回程度ならば、通いやすいと感じる人も多いのではないでしょうか?

また、歯石は普段のお手入れの中でもつきにくくすることができます。
歯石は歯垢の塊ですので、唾液によって固まる前に歯垢を取り除いてしまえば、歯石が生まれることはありません。

しかし、適当なお手入れでは歯垢を取り除くことはできません。
歯の1本1本に丁寧に歯ブラシを当てて、デンタルフロスを併用すると良いです。
シャカシャカと歯ブラシを適当に動かすだけでは、きちんと歯垢を取り除くことはできないのです。
毎食後の歯ブラシを念入りに行い、1日の終わりにはデンタルフロスを併用することで歯石がつくのを予防することができます。

 

少しでも参考になれば幸いです。
本日も最後までお読みいただきありがとうございます。

 

勝どき駅から徒歩5分の歯医者
《 晴海トリトン歯科クリニック 》
東京都中央区晴海1-8-16 晴海トリトン3F
TEL:03-3533-4646 / 03-3533-4648

一番上に戻る
03-3533-464603-3533-4646 LINEチャット相談LINEチャット相談
  • インプラントネット インプラント治療専門サイト
  • ICOI
  • 厚生労働省指定 臨床研究施設
  • Nobel Biocare
  • ASTRA TECH IMPLANT SYSTEM
  • OSSTEM IMPLANT