歯ぐきから血が出る、歯がぐらぐらする│痛みの少ない治療を行なう中央区勝どき・月島の晴海トリトン歯科クリニック

tel

03-3533-4646

tel

03-3533-4648

【診療時間】
月~土:10:00〜13:30 15:00〜20:00/日祝:10:00〜14:00

歯ぐきから血が出る、歯がぐらぐらする(歯周病) periodontitis

歯周病とは

歯周病になる仕組み

歯周病になる仕組み毎日歯磨きしていても、歯周ポケット(歯と歯肉の境目)には少しずつ歯垢(細菌の塊)が溜まっていきます。『歯周病』は、その細菌の出す毒素によって歯肉に炎症が起きる病気です。
歯周病が進むと歯肉の腫れや出血が見られ、少しずつ歯がグラグラしてきます。そして、放置していると歯槽骨(歯を支える骨)が溶けていき、最終的には歯が抜け落ちてしまいます。
歯周病になっても、初期の段階では痛みなどの自覚症状がほとんどないため、いつの間にか症状が進んでいます。異変に気づいたときには重症になっているということが多く、抜歯するしかないという結果になることもあります。

歯周病が怖い理由は、口の健康が損なわれるから、というだけではありません。最近の研究で、全身の健康にも影響を及ぼすことがわかっており、糖尿病、心血管疾患、誤嚥性肺炎、骨粗しょう症、早産・低体重児出産などの原因にもなるとされています。
全身の健康を守るためには、口の健康も守らなければなりません。歯周病になっている方は、早い段階で治療を受け、再発防止に努めましょう。歯周病になっていない方も、油断せず予防に努めることが大切です。

歯周病予防

歯周病予防歯周病予防への一番の近道は、日常的に正しい歯磨きを行なうことです。たとえ歯周病になっても、症状が軽ければ時間や費用をあまりかけずに治療を終えられます。歯周病は自覚しにくい病気ですが、進行の段階を把握していれば、異変に気づいた段階ですぐに治療を受けられます。予防をはじめ、早期発見・治療のためにも数ヵ月に一度は定期検診を受け、口の中の状態を確認してもらいましょう。PMTC(歯面清掃)、歯磨き指導などを受けることで歯周病の予防効果が上がります。

歯周病予防についての詳細は、『予防歯科』のページをご覧ください。

歯周病の進行

歯周病の進行状態は『歯肉炎』と『歯周炎』に分けられ、歯周病を表すPerio(ペリオ)の頭文字を取り、P1からP4の4段階で表します。各段階の症状は以下のようになります。

健康な状態

健康な状態歯周ポケット(歯と歯肉の境目)は1~3mmと浅く、歯肉はピンク色で引き締まっています。

P1 歯肉炎

P1 歯肉炎自覚症状はほとんどありませんが、歯周ポケットが3~4mmとなって炎症が起きます。歯肉が赤みを帯びて腫れ、歯磨きのときに出血します。

P2 軽度歯周炎

P2 軽度歯周炎歯周ポケットが4~5mmと深くなり、歯肉の赤みが増してさらに腫れ、歯磨きのときに出血します。口臭も出てきます。歯槽骨(歯を支える骨)が溶けはじめています。

P3 中等度歯周炎

P3 中等度歯周炎歯周ポケットが5~7mmとさらに深くなり、歯肉が赤紫色になってブヨブヨに腫れ、下がってきます。歯磨きのときに出血し、口臭が酷くなります。歯槽骨が半分ほど溶けており、指で歯を押すとグラつきます。この段階で異変に気づく方が多くなります。

P4 重度の歯周病

P4 重度の歯周病歯周ポケットが7mm以上の深さになり、赤紫色にブヨブヨと腫れ上がった歯肉が大幅に下がって、歯が長く見えます。歯肉に触れただけで出血し、うみが出て口臭がさらに酷くなります。歯槽骨が2/3以上溶けて歯のグラつきが酷くなり、最終的には歯が抜け落ちてしまいます。

歯周病は自覚しにくい病気ですが、以上の段階を把握していれば、異変に気づくことができます。気づいた段階ですぐに治療を受けるようにしましょう。

歯周病の治療法

歯周病の治療法歯周病の治療法は症状によって異なりますが、『プラークコントロール』を行なうことが大切です。
プラークコントロールとは、歯垢(細菌の塊)の量を減らすことです。歯磨き、洗口液でのブクブクうがい、糖分の摂取制限、PMTC(歯科医院で受ける歯面清掃)などを行なって歯垢の量を減らすことにより、歯周病の予防・治療効果を得られます。
そのなかでも、特に大切なのが歯磨きです。歯周病は、進行状態にかかわらず正しい歯磨きを行なわないと改善しません。

なお、歯周病治療のために限らず、歯磨きは口の健康を守って生涯自分の歯で過ごすための、最も基本的な行為です。そのためにも、ぜひ歯科医院で歯磨き指導を受け、正しい磨き方を習得してください。

歯磨き

歯磨きご来院いただき、患者さまのいつもの磨き方を拝見します。次に、磨きにくい場所や磨けていない場所を確認し、歯並びを考慮したうえで患者さまに合った磨き方を指導させていただきます。歯ブラシや歯磨き剤についてもアドバイスさせていただきます。
歯肉炎であれば、日常的に正しい歯磨きを行なうことで改善します。

スケーリング

スケーリング歯周ポケットには少しずつ歯垢が溜まっていきます。それらがまとまって硬くなったものを歯石といいます。
歯石は歯磨きでは落とせないため、専用器具で歯石を取り除く『スケーリング』という処置を行ないます。

ルートプレーニング

スケーリングスケーリングを行なった後、歯周ポケットの奥に溜まった歯石を取り除く『ルートプレーニング』という処置を行ないます。取り除いた後の歯の表面はザラザラしているので、専用器具で滑らかに仕上げます。
歯の表面をツルツルにすることで、歯垢が再びつくことを防ぎます。

フラップ手術

歯周病が進行して歯周ポケットが深くなると、歯石は歯根にもつきます。そうなると、スケーリングやルートプレーニングでの処置が難しくなるので、『フラップ手術』という歯周外科治療を行ないます。
歯根は歯肉に覆われて目に見えないので、歯肉を切開して見える状態にし、歯根についた歯石や感染した組織を取り除きます。次に歯肉を元に戻して縫合します。

GTR法

GTR法『GTR法』は歯周組織再生誘導法ともいわれ、歯周病が進行して歯周組織(歯肉や歯槽骨などの歯を支える組織)が破壊されてしまったとき、それを元の状態へと再生させる治療法です。
再生させる部分をメンブレン(人工膜)で覆い、その周りの歯肉の侵入を防ぐことで、歯周組織を再生させるスペースを確保します。4~8週間後にメンブレンを取り除くと、新しい歯周組織が再生しています。

エムドゲイン法

『エムドゲイン法』は、歯周病が進行して歯周組織が破壊されてしまったとき、それを元の状態へと再生させる治療法です。
再生させる部分にエムドゲインゲル(たん白質の一種)を塗り、その周りの歯肉の侵入を防ぐことで、細胞に働きかけて歯周組織の再生を促します。使用したエムドゲインゲルは時間の経過とともに吸収されます。

歯周病の治療の流れ

STEP1カウンセリング
カウンセリング患者さまの症状を拝見します。全身の健康状態や、食生活をはじめとする生活習慣を伺って、歯周病の原因と思われるものを確認し、改善点などをアドバイスさせていただきます。
口の悩みやご要望など、お気軽にご相談ください。
STEP2検査、診断、治療計画
検査、診断、治療計画レントゲン撮影、歯肉の状態、歯周ポケットの深さ、歯肉の出血、歯のグラつき、細菌の数・種類などを検査し、症状を把握します。
診断結果を元に治療計画を立て、治療法をご説明します。
STEP3初期治療
初期治療歯周病治療の基本である歯磨き指導を行ない、患者さまに合った正しい磨き方を習得していただきます。その後、スケーリングルートプレーニングで歯石を取り除き、歯肉の炎症を改善していきます。
虫歯がある場合は、並行して治療を行ないます。
STEP4初期治療後の検査
 初期治療後の検査初期治療で歯周病がどの程度改善したか検査します。
改善が見られた場合はメンテナンスを行ないますが、改善が見られない場合はもう一度初期治療を行ないます。重度であれば、歯周外科治療や歯周組織再生誘導法へと移ります。
STEP5歯周外科治療・歯周組織再生誘導法
歯周外科治療・歯周組織再生誘導法初期治療で改善が見られなかった場合は、歯周外科治療であるフラップ手術を行ないます。また、GTR法エムドゲイン法などの歯周組織再生誘導法を行なうこともあります。
STEP6再検査
再検査歯周外科治療や歯周組織再生誘導法で歯周病がどの程度改善したか検査します。
健康な状態に改善されていた場合は、治療を完了してメンテナンスへと移ります。改善が見られない場合は、今後の治療計画を立てます。
STEP7メンテナンス
メンテナンス3~6ヵ月に一度ご来院いただき、定期検診を行ないます。歯肉の状態や歯周ポケットの深さ、正しい歯磨きができているかなどを確認し、クリーニングを行ないます。
口の健康を守って生涯自分の歯で過ごすために、歯磨きをはじめとするプラークコントロールをしっかりと行ない、歯科医院での定期検診を欠かさずに受けましょう。