歯が痛む、歯がしみる│痛みの少ない治療を行なう中央区勝どき・月島の晴海トリトン歯科クリニック

tel

03-3533-4646

tel

03-3533-4648

【診療時間】
月~土:10:00〜13:30 15:00〜20:00/日祝:10:00〜14:00

歯が痛む、歯がしみる(一般歯科) general practice

虫歯治療

虫歯になる仕組み

虫歯になる仕組み口の中には多くの細菌が存在しています。それらは食べかすの中に含まれる糖分を栄養源として増え、酸をつくり出します。歯はその酸の力で溶けてしまいますが、これを脱灰といい、『虫歯』の始まりとなります。
しかし唾液には、溶けた歯を修復する再石灰化という作用があります。脱灰と再石灰化は日常的に繰り返されているため、ごく初期の虫歯であれば、再石灰化による自然治癒が期待できます。ただし、歯と糖分の接する時間が長いなど、脱灰に再石灰化が追いつかなくなると虫歯が進行し、自然治癒することはありません。

虫歯の進行と治療

虫歯の進行状態は、虫歯を表すCaries(カリエス)の頭文字を取り、COからC4の5段階に分けられます。以下のように、各段階によって症状や治療法が異なります。

CO 初期の虫歯

CO 初期の虫歯エナメル質(歯の表面)が少し溶けて白く濁りますが、ぱっと見では変化がわからず、自覚症状もありません。
正しい歯磨きやフッ素塗布で改善します。

C1 エナメル質の虫歯

C1 エナメル質の虫歯エナメル質が溶けて黒くなりますが、痛みはほとんどありません。
患部を削り、詰め物で補います。

C2 象牙質の虫歯

C2 象牙質の虫歯象牙質(歯の主要部)まで虫歯が進み、冷たいものや甘いものがしみます。
患部を削りますが、それが小さければ詰め物で、大きければ被せ物で補います。

C3 歯髄の虫歯

C3 歯髄の虫歯歯髄(歯の神経や血管)まで虫歯が進み、常に激しく痛みます。
根管治療(歯髄を取り除く治療)を行ない、被せ物で補います。

C4 歯根の虫歯

C4 歯根の虫歯歯がほとんどなくなって歯根だけが残り、うみが溜まると激しく痛みます。
抜歯して入れ歯やインプラントで補います。

虫歯予防

虫歯予防虫歯予防への一番の近道は、日常的に正しい歯磨きを行なうことです。たとえ虫歯になっても、症状が軽いほど痛みが少なく、時間や費用をあまりかけずに治療を終えられます。
予防をはじめ、早期発見・治療のためにも数ヵ月に一度は定期検診を受け、口の中の状態を確認してもらいましょう。PMTC(歯面清掃)、フッ素塗布、歯磨き指導などを受けることで虫歯の予防効果が上がります。

虫歯予防についての詳細は、『予防歯科』のページをご覧ください。

根管治療

根管治療根管は歯根の中にある管で、そこを歯髄(歯の神経や血管)が通っています。『根管治療』は、虫歯が歯髄まで進行した場合、できる限り抜歯せずに歯を残し、歯の機能を回復させるための治療です。まず細菌に感染した歯髄を根管から取り除いて根管の洗浄と消毒を行ない、先端まで薬を隙間なく入れて密封します。次にコア(土台)を立ててその上を被せ物で補います。

根管は外から見えず、しかも部位によって太さや長さが異なるなど、とても複雑な形状をしているため、治療が難しく時間がかかります。正しい治療ができていないと、再び細菌が根管内に入り込み、再治療になる可能性が出てきます。そのため、ひとつひとつの処置を慎重に行ない、高精度な治療を行なう必要があります。

痛みの少ない治療

痛みの少ない治療歯科医院といえば「痛い」というイメージがあるため、「行きたくない」という方も多くいらっしゃいます。治療の必要性があるにもかかわらず放置して悪化させ、重症になってようやく来院される方や、通院を初めても途中でやめてしまう、という方も珍しくありません。
それが痛みの原因になるうえ、治療時間や治療費がかかってご自分の負担が増え、さらに歯科医院が苦手になるという悪循環を招いてしまうのです。

そのような事態を避け、歯科医院が苦手な方にも快適に通院していただけるよう、当院では治療法や使用する機器などさまざまな点を考慮し、『痛みの少ない治療』を行なうよう心がけています。
たとえば、麻酔の注射ひとつにしても、以下のような点を工夫しています。

表面麻酔

歯肉の表面に麻酔薬を塗り、針が刺さるときの感覚を麻痺させることで、痛みを軽減できます。

細い針

注射針が太いと歯肉に滑り込みにくいため、痛みの原因になります。細い針を使用することで、針が歯肉に滑り込みやすくなり、痛みを軽減できます。

歯科麻酔用電動注射器

手動での麻酔注射は、一定の力で麻酔液を注入できないため、痛みの原因になります。電動注射器を使用することで、コンピューター制御により一定の力で麻酔液を注入できるため、痛みを軽減できます。

麻酔液の加温

麻酔液と体温との温度差があると、痛みの原因になります。麻酔液を体温程度に温めてから使用することで、痛みを軽減できます。

以上のように、歯科医院が苦手な方でも快適に通院し、積極的に治療を受けられるようサポートしているので、どうぞお気軽にご相談ください。
症状が悪化する前に治療を受け、口の健康を取り戻しましょう。

レーザー治療

レーザー治療レーザーは単色かつ平行に発せられる強い光です。『レーザー治療』は、このレーザーの照射により最小限の痛みで治療効果を得られる方法です。
レーザー機器には種類があり、レーザーの性質が異なります。そのため、歯科医院に導入している機器によって受けられる治療が異なりますが、一般的に以下のような特徴があります。

出血や腫れを抑えられる

歯肉を切開するときの出血を抑えられます。また、炎症を起こしている組織を蒸発させて取り除けるため、腫れも抑えられます。

音や振動がない

歯を削るときの音や振動がないため、不快感がありません。

なお、レーザー治療を行なうことにより、殺菌・消毒・消炎効果も得られるため、傷跡が残りにくく、治療後も早く回復します。
レーザー治療を受けてみたいという方は、当院で可能な治療をお気軽にお尋ねください。

短期集中治療

短期集中治療『短期集中治療』は、時間に余裕のない方のために一度の治療時間を長くして集中的に治療を行ない、できる限り少ない通院回数で治療を完了する方法です。患者さまの症状を確認し、「仕事が忙しくて通院できない」「大切なイベントまでに治療を終わらせたい」などのご要望に合わせて治療計画を立て、短期間で治療を完了させます。
だからといって、カウンセリングや治療をないがしろにするというわけではありません。通常の治療と同じく、丁寧に対応させていただくのでご安心ください。
なお、症状によっては短期集中治療を行なうことが難しい場合がありますが、できる限り対応させていただくので、まずはお気軽にご相談ください。

口の病気の治療は、早ければ早いほど患者さまの負担を少なくできます。時間に余裕がなく通院が難しいという方は、治療を先延ばしにせず早めにご来院ください。