親知らずを抜歯したい、顎が痛む│痛みの少ない治療を行なう中央区勝どき・月島の晴海トリトン歯科クリニック

tel

03-3533-4646

tel

03-3533-4648

【診療時間】
月~土:10:00〜13:30 15:00〜20:00/日祝:10:00〜14:00

親知らずを抜歯したい、顎が痛む(口腔外科) oral surgery

口腔外科とは

口腔外科とは『口腔外科』では口周りや顎、顔面など、虫歯や歯周病など一般的な治療以外の外科処置を行ないます。病気やけがによる舌、唇、唾液腺、顎の骨の治療などを行ないますが、身近なものでは難症例と診断された親知らずの抜歯や顎関節症などの治療があります。

口の健康を守ることは、全身の健康を守ることにもつながります。少しでもお悩みや気になる症状がありましたら、お気軽にご相談ください。より専門的な治療が必要だと判断した場合は、大学病院などの医療機関をご紹介しますので、ご安心ください。

親知らずの抜歯

親知らずの抜歯親知らずは一番奥(前から8番目)に生えてくる歯です。上下左右の計4本ありますが、すべての方に生えてくるとは限りません。4本のうち1本だけしか生えなかったり、骨の中に埋まっていて生えてこないという方もいます。

親知らずは、周りの歯や噛み合わせに影響を及ぼさない範囲で正常に生えて、きちんと歯磨きできるのであれば、抜歯する必要はありません。

しかし、食べかすが溜まりやすかったり歯磨きしづらいような異常な生え方をしている場合には、抜歯する必要があります。抜歯しないと、虫歯や歯周病になり、周りの歯を圧迫したり噛み合わせが悪くなるなど、全身の健康に影響を及ぼす可能性が出てきます。
抜歯の必要性については、患者さまの親知らずの生え方や神経との位置関係などから総合的に判断します。

親知らずの痛みや、その周りの歯肉の腫れが気になる方、また、特に痛みや腫れがなくても親知らずの生え方が気になる方は、ぜひ一度ご来院ください。口の中の状態を確認し、抜歯の必要性も含めて今後のケアや処置についてご説明します。

顎関節症

顎関節症顎関節は下顎を動かす関節のことで、口の開閉がしづらい、顎が痛い、顎が鳴るなどの症状がある場合『顎関節症』の可能性があります。
上記の症状だけではなく、頭痛や肩こり、耳鳴り、「気分がすっきりしない」「イライラする」などの不定愁訴(特定の病気ではなく漠然とした身体の不調)など、口周りだけでなく全身の症状が現れることもあります。

顎関節症になる主な原因には、噛み合わせ、全身の筋肉のねじれや骨の歪み、生活習慣、ストレスなどがあり、それらが組み合わさって発症することも珍しくありません。
そのため、原因や症状に合った方法で治療を行ないます。
治療法には、歯ぎしりなど悪習癖を行なわない、開口の訓練、スプリント(顎関節治療用マウスピース)の装着、薬剤の使用などがあります。

顎周りの症状を改善することによって、全身の症状の軽減につながります。顎周りの症状でお悩みの方は、悪化する前にお気軽にご相談ください。