歯が抜けてしまった│痛みの少ない治療を行なう中央区勝どき・月島の晴海トリトン歯科クリニック

tel

03-3533-4646

tel

03-3533-4648

【診療時間】
月~土:10:00〜13:30 15:00〜20:00/日祝:10:00〜14:00

歯が抜けてしまった(インプラント) dental implant

インプラント治療とは

インプラント治療とは

インプラント治療とは『インプラント治療』は、歯周病の進行や事故による歯根破折(歯根が割れること)など、何らかの理由で歯を失ったときに行なう治療法のひとつです。歯を失った部分の顎の骨にインプラント(人工歯根)を埋め込み、その上に人工歯を取りつけることで、天然歯と同じような噛み心地や見た目を再現できます。
歯を失ったときの治療法には、入れ歯やブリッジ(両隣の歯を土台として人工歯を支える治療法)もありますが、インプラント治療は天然歯に最も近い構造を持つ治療法です。

インプラントは、人体との馴染みが良いチタンという金属でできています。顎の骨に埋め込むと、骨と結合して一体化し、抜けたりグラついたりすることがありません。そのため、天然歯と同じように硬いものでも力を入れて、しっかりと噛むことができるのです。
また、人工歯はセラミック(陶材)という白い材料でできています。色や透明感が自然なので、天然歯と同じような見た目に仕上がります。日常生活を送るうえで、他人から人工歯であると気づかれることはほとんどありません。

インプラント治療のメリット・デメリット

インプラント治療は機能的にも審美的にも優れた治療法ですが、以下のようにメリットだけでなくデメリットもあります。治療後に後悔しないよう、デメリットもきちんと把握し、ご自分で納得したうえで治療を受けることが大切です。

インプラント治療のメリット

  • しっかりとした噛み心地を再現できるため、食事を楽しめる
  • 自然な見た目を再現できるため、人工歯と気づかれずに口元の美しさを取り戻せる
  • インプラントと顎の骨が結合するため、咀嚼(噛むこと)の刺激が顎の骨に伝わり、骨量が減らない(※)
    ※人体には、刺激を受けていないと衰える性質があるため、顎の骨に刺激が伝わらないと少しずつ骨が痩せ、骨量が減ってしまいます。

インプラント治療のデメリット

  • 顎の骨にインプラントを埋め込むための穴をあける外科手術が必要になる
  • 顎の骨量が少ない方や全身疾患をお持ちの方などは、適応しないことがある
  • 治癒期間(インプラントと顎の骨の結合を待つ期間)があるため、治療期間が長くなる
  • 自費診療(健康保険適用外)なので、治療費が高額になる

なお、インプラント治療を希望されても、症状や生活習慣などによっては入れ歯やブリッジの方が適していることがあるため、インプラント治療が適応しない場合があります。また、インプラント治療を希望されない方に、むやみにインプラント治療をお勧めすることもありません。
当院では、治療法を決めるまえに患者さまのご要望をしっかりとお聞きしています。そして症状や生活習慣などを含めてその方に適した治療法を検討し、ご提案しています。
インプラント治療をご希望の方は、ぜひお気軽にご相談ください。

インプラント治療の方法

インプラント治療では、歯肉を切開して顎の骨にインプラントを埋め込む必要があり、切開する手術を行なう回数によって『1回法』と『2回法』に分けられます。
患者様の症状や使用するインプラントなどによって、どちらかを選択します。

1回法

1回法歯肉の切開を1回行なう方法です。歯肉を切開してインプラントを顎の骨に埋め込みます。そのときインプラントの頭部を歯肉から露出させたまま、治癒期間を設けます。
切開する手術が1回だけなので、患者さまの身体の負担は小さくすみ、治療期間が短く治療費も抑えられますが、感染の可能性があります。

2回法

2回法歯肉の切開を2回行なう方法です。歯肉を切開してインプラントを顎の骨に埋め込みます。そのときインプラントを歯肉で覆ってから縫合し、治癒期間を設けます。その後再び歯肉を切開し、インプラントの頭部を露出させます。
切開する手術が2回なので患者さまの身体の負担が大きく、治療期間や治療費がかかりますが、治癒期間中の感染の心配がありません。

インプラント治療の流れ

STEP1カウンセリング
カウンセリング患者さまの症状を拝見し、全身の健康状態を伺います。治療内容・方法、メリット・デメリット、治療期間・費用など治療全体の概要をご説明します。
この段階で治療を受けるかどうかを決める必要はないので、説明を聞いたうえで十分ご検討ください。治療を受けるのであれば、きちんと納得したうえで受けられるようにしましょう。
口の悩みやご要望など、お気軽にご相談ください。
STEP2検査、診断、治療計画
検査、診断、治療計画レントゲン撮影、CT撮影、歯周病検査、咬合(咬み合わせ)検査、顎の骨量の検査などを行ない、口の中の状態を把握します。診断結果を元に、インプラント治療が適応するか、適応するのであれば合う治療法などを検討します。
虫歯や歯周病などがある場合は、その治療を含めた治療計画を立てます。
STEP31次手術(インプラント埋入手術)
1次手術(インプラント埋入手術)歯肉を切開してインプラントを顎の骨に埋め込みます。
1回法であれば、インプラントの頭部を歯肉から露出させたままにし、2回法であれば、インプラントを歯肉で覆ってから縫合します。
STEP4治癒期間
 治癒期間インプラントと顎の骨の結合を待ちます。期間は埋め込む本数や部位によって変わりますが、約2~6ヵ月となります。この期間中は、必要に応じて仮歯をご使用いただけます。
STEP52次手術(歯肉切開手術)
2次手術(歯肉切開手術)2回法であれば再び歯肉を切開してインプラントの頭部を露出させ、アバットメント(インプラントと人工歯の接続部)を取りつけます。
STEP6人工歯の作製・装着
人工歯の作製・装着人工歯を作製するための型取りを行ない、色や形など決めて精密に作製します。仮歯を入れて見た目や装着感などに問題がなければ、最終的な人工歯を取りつけます。
STEP7メンテナンス
メンテナンス患者さまの口の状態によって変わりますが、3~6ヵ月に一度ご来院いただき、定期検診を行ないます。
日常的に正しい歯磨きを行なうのはもちろん、治療後にきちんとメンテナンスを行なわないと歯周病のような症状が現れ、インプラントが抜け落ちる可能性が出てしまいます。口の健康を保ち、インプラントを長期間使用できるよう、歯科医師の指示に従ってメンテナンスに努めましょう。

All-on-4(6)

All-on-4(6)『All-on-4(6)』は、すべての歯または多くの歯を失った方のための治療法で、連結した人工歯を4本または6本のインプラントで支える方法です。
すべての歯または多くの歯を失った方が、入れ歯ではなくインプラント治療を行なう場合、従来は失った歯の数だけインプラントを埋め込むのが一般的でした。そのため、失った歯の数が多いほど患者さまの体の負担が大きく、治療時間や費用がかかっていました。

しかしAll-on-4(6)は、奥歯の部分のインプラントを斜めに埋め込んで力が均等に行き渡るようにし、片顎4本または6本のインプラントで連結した十数本の人工歯を支えられます。
埋め込むインプラントの本数が少ないため、患者さまの体の負担が少なく通院回数や治療費も抑えられます。また、手術当日に仮歯を入れられるので、すぐに食事することができ、見た目の支障もありません。
口の状態によっては適応しない場合もあるので、All-on-4治療をご希望の方は、まずはお気軽にご相談ください。

骨造成手術

インプラント治療は顎の骨にインプラントを埋め込むため、骨の高さや幅が足りないなど骨量が少ない方は、従来安全にインプラントを埋め込むことが難しく、治療を受けられないとされてきました。
しかし最近では、骨量を増やすための『骨造成手術』を行なうことで、骨量の少ない方でも治療を受けられるようになりました。
骨造成手術には、主に以下のようなものがあります。

上顎洞底挙上術

上顎洞は上顎の奥歯の上に広がる空洞で、上顎洞底粘膜という粘膜で覆われており、別名サイナスともいいます。上顎の骨は下顎の骨より軟らかいため、上顎の奥歯を失うとすぐに骨が痩せて骨量が減ってしまいます。そのような状態でインプラントを埋め込むと、インプラントの一部が上顎洞底粘膜を破って上顎洞に突き出てしまう可能性があり、安全なインプラント治療が行なえません。
上顎洞底挙上術は、上顎洞の底部に骨を移植して骨量を増やし、インプラントをきちんと埋め込めるようにするための手術で、『サイナスリフト』と『ソケットリフト』の2種類があります。

サイナスリフト

サイナスリフト

骨の厚みが5mm以下しかないときに行なう方法で、上顎の歯肉の側面を切開し、上顎洞の横から上顎洞底粘膜をはがして押し上げます。そこに自家骨(自分の骨)や人工骨(人工の骨)を入れ、安定するまで3~6ヵ月待ちます。それにより新しい骨がつくられ、インプラントを埋め込める厚さになります。
新しい骨がつくられてからインプラントを埋め込むため、治療期間が長くなりますが、上顎洞の横から行なうので、骨を多くつくることができます。また、手術の難易度が高く、歯肉を切開するため患者さまの負担が大きくなりますが、目で見て確認しながら手術できます。

ソケットリフト

ソケットリフト

骨の厚みが5mm以上あるときに行なう方法で、歯の抜けた部分から自家骨や人工骨を入れて、上顎洞底粘膜を押し上げます。このとき同時にインプラントを埋め込み、骨と結合するまで約4ヵ月待ちます。
歯の抜けた部分から押し上げるので、つくれる骨は少なくなりますが、インプラントを同時に埋め込むため、治療期間が短くすみます。また、目で見て確認しながら手術することはできませんが、歯肉を切開しないので、患者さまの負担は小さくなります。

GBR法

GBR法『GBR法』は骨再生誘導法ともいわれ、骨の再生を促して骨量を増やす治療法です。
骨を増やす部分に自家骨(自分の骨)や人工骨(人工の骨)入れ、メンブレン(人工膜)で覆い、骨の再生を待ちます。個人差はありますが、約4~6ヵ月で新しい骨がつくられます。
ある程度の骨量があれば同時にインプラントを埋め込むことができますが、骨量が極端に少ない場合は、骨の再生後にインプラントを埋め込みます。